順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
  医学部附属病院 病院マップ 学校法人順天堂 ホーム
順天堂越谷病院 神経内科
お知らせ
「パーキンソン病ファミリーブック」出版のおしらせ パーキンソン病ファミリーブック
イメージ拡大
患者さんと家族、ケアする人たちのために「パーキンソン病ファミリーブック」(森 秀生著)を日本評論社より出版しました。
目次
* これは原稿段階での目次のため実際の本のものとはページ数など異なります
【はじめに】 ....................... 7
第一章 パーキンソン病とは何か ....................... 7
【パーキンソン病という名前の由来】 ....................... 7
【パーキンソン病の症状―4大症状】 ....................... 8
1.振戦ーふるえ ....................... 8
2.筋強剛ー筋肉が硬くなる ....................... 9
3.無動ー動きが遅い ....................... 9
4.姿勢反射障害ーバランスが悪くなる ....................... 9
【患者さん、家族が気づく症状】 ....................... 10
【パーキンソン病の頻度と発症年齢】 ....................... 11
【症状の進み具合とヤールの重症度】 ....................... 11
【パーキンソン病の脳の変化】 ....................... 12
1.神経細胞の連絡と“神経伝達物質” ....................... 12
2. 黒質と大脳基底核のはたらき ....................... 14
3.パーキンソン病では黒質がやられる ....................... 15
4.パーキンソン病ではドパミンが欠乏する ....................... 15
5.もうひとつのパーキンソン病の脳でみられること ....................... 17
【パーキンソン病と似た病気―パーキンソン症候群】 ....................... 17
1.薬剤性パーキンソン症候群 ....................... 17
2.脳血管性パーキンソン症候群 ....................... 18
3.特発性正常圧水頭症 ....................... 18
4.進行性核上性麻痺 (PSP) ....................... 18
5.大脳皮質基底核変性症 (CBD) ....................... 18
6.多系統萎縮症 (MSA) ....................... 19
7.脳炎後パーキンソニズム ....................... 19
【パーキンソン病の診断】 ....................... 19
1.診断のための検査は ....................... 19
2.心筋シンチグラフィー ....................... 19
3.パーキンソン病の診断はどのようにしておこなわれるか ....................... 20
【パーキンソン病と遺伝】 ....................... 21
【パーキンソン病はなぜおこるか】 ....................... 21
1.神経細胞の変化 ....................... 21
2.体質と遺伝子 ....................... 21
3.環境因子 ....................... 22
第二章 パーキンソン病の治療 ....................... 22
【お薬による治療】 ....................... 22
1.患者さんとお薬 ....................... 23
2.お薬の名前 ....................... 23
【パーキンソン病のお薬】 ....................... 23
1.エルドパ ....................... 24
(ア)エルドパの飲み方 ....................... 26
(イ)エルドパをどの量まで飲むか ....................... 26
(ウ)エルドパと他のお薬とののみ合わせ ....................... 26
2.ドパミンアゴニスト(ドパミン受容体刺激薬) ....................... 27
3.コムト阻害薬 ....................... 28
4.マオB阻害薬 ....................... 29
5.抗コリン薬 ....................... 30
6.アマンタジン ....................... 31
7.ドロキシドパ ....................... 31
【長く薬を飲んでいるときに出会う問題】 ....................... 32
1.エルドパの効果が短くなるーウエアリングオフ ....................... 32
2.ウエアリングオフはなぜおこる? ....................... 33
3.ウエアリングオフは若くして病気になった人のほうがでやすい ....................... 34
4.ウエアリングオフの対策 ....................... 34
5.オンオフ現象 ....................... 35
6.エルドパの効き目がなかなか出にくくなったとき ....................... 35
7.エルドパをとかしてペットボトルにいれて飲む方法 ....................... 35
8.体がくねくね動くージスキネジア ....................... 35
9.ジスキネジアの対策 ....................... 36
【どのお薬から飲みはじめるか】 ....................... 37
【お薬をやめるときの注意点】 ....................... 37
【薬の副作用と薬に関連してみられること】 ....................... 38
1.のみ始めのころの副作用 ....................... 38
2.長期に飲んでいるときにみられること ....................... 38
幻覚 ....................... 38
幻覚にたいする対策 ....................... 39
心臓弁膜症 ....................... 39
ドパミン調節異常症候群 (DDS) ....................... 39
衝動コントロール障害 ....................... 39
むくみ ....................... 40
【外科的治療】 ....................... 40
1.微小電極による脳の破壊術 ....................... 40
2.よくおこなわれるようになった深部脳刺激療法 ....................... 41
3.深部脳刺激療法で期待できるもの ....................... 41
4.深部脳刺激療法の副作用 ....................... 41
【パーキンソン病のこれからの治療法】 ....................... 42
遺伝子治療 ....................... 42
再生医療 ....................... 43
第三章 パーキンソン病の様々な症状と日常生活 ....................... 43
【非運動症状】 ....................... 43
便秘 ....................... 43
頻尿 ....................... 44
起立性低血圧 ....................... 44
睡眠の障害 ....................... 45
不眠 ....................... 45
過眠 ....................... 45
レム期睡眠行動異常症 (RBD) ....................... 46
においの障害 ....................... 47
うつ状態 ....................... 47
認知症 ....................... 48
しびれ・痛み ....................... 48
体重減少 ....................... 48
疲労感 ....................... 48
【進んだ時にみられるからだの症状】 ....................... 48
嚥下障害 ....................... 48
姿勢の異常 ....................... 49
足の筋肉が硬くなるージストニア ....................... 49
【エクササイズとリハビリテーション】 ....................... 49
【寝たきりを防ぐために】 ....................... 50
転倒 ....................... 51
すくみ足 ....................... 51
【サプリメント】 ....................... 51
ビタミン剤 ....................... 51
ビタミンB6 ....................... 51
ビタミンE ....................... 52
ビタミンDとカルシウム ....................... 52
コエンザイムQ10 (コQ10) ....................... 52
【日常生活をどうするか】 ....................... 52
1.食事とお酒 ....................... 52
2.仕事 ....................... 53
3.運動・スポーツ ....................... 53
4.旅行 ....................... 53
5.配偶者の役目 ....................... 53
【公的サポート】 ....................... 54
【パーキンソン病の専門医】 ....................... 54
【患者さんの団体】 ....................... 54
【おわりに】 ....................... 54
▲上へ


Copyright c 2005 JUNTENDO KOSHIGAYA HOSPITAL All Rights Reserved.