1. トップページ
  2. 現職看護師からのメッセージ

現職看護師からのメッセージ

 私は、1年前新人看護師として、順天堂越谷病院へ就職を決めました。最初の勤務先を精神科病棟にする事でフィジカルアセスメントは大丈夫なのか迷いもありました。しかし、実際に勤務すると精神科に必要な看護や病態生理はもちろんの事、フィジカルアセスメントに対する教育もあり、看護師として成長できるシステムが確立されています。又、患者さんの気持ちや心に寄り添う必要があり、会話や対応一つでも多くの学びが得られ充実しております。 職場環境も明るく働きやすく、日々楽しく仕事をしております。
 私は、新卒から精神科看護を始め9年目になります。精神科の患者さんは同じ病名であっても人によって症状が様々です。また、身体合併症を持った患者さんが入院してくることもあります。そのため日々悩むことが多くありました。しかし、当院には精神科のスペシャリストや他科での経験をもつ看護師が多くおり、困った時、悩んだ時に助けてくれ、多くの学びが得られる素晴らしい環境なので毎日楽しく仕事が出来ています。また、私は今年から自己のスキルアップを目指し通信制の大学に進学しました。仕事と勉強の両立は大変ですが、上司、スタッフが勤務調整など協力してくれ、支えてくれるので頑張る事ができており、とても充実した生活を送ることができています。

 私は、精神科看護を新卒から始めて9年目となります。
 越谷病院は新人教育において手厚いフォローをしている病院であり、自分自身、新卒で精神科病院へ入職し、不安も多くあった中で、諸先輩方からの指導、教育のもとここまで続けていくことが出来たと思っています。 精神疾患をもつ患者さんと関わりの中で、その患者さん一人一人の症状を理解し、個別性を考えた看護の展開が重要です。先輩方の知識や経験を吸収し、自分のものにして看護をし、患者さんからも学びを得て、一人の看護師として毎日成長させて頂いています。当院は男性看護師も多く、趣味を共有する仲間として仕事以外での交流もあり、余暇を充実させています。また、業務終了後育児参加をする時間が取れるのも魅力です。

 約1年の産休・育休を経て、この春から復帰しました。
 妊娠中から上司やスタッフのみなさんには数々の配慮や助けをいただき、無事出産していまこうして仕事ができることに日々感謝しています。
 患者さんと出産・育児に関して話をする機会も増え、改めて人の健康な一面に目を向けるきっかけにもなっています。
 通勤には保育園の送り迎えが加わり、時間の使い方と自分の体力に頭を悩ませる毎日ですが、自分なりの子育てと仕事のバランスを見つけるべく努力中です。